最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 無謀な証拠 | トップページ | ブレーキ、きっと! »

2006/05/08

宮城の春

常に突発的に行動する、悪い癖がある専務・NEKO・私の3人(爆
(連れ回される「娘」も一人…)
前もイキナリ伊豆に行き、食事する所が見つからずに散々歩いてマンボウを食べるハメになったり…
突然、名古屋へ名物を食べに行く話になり、アレもコレも欲張っていたら日帰りが出来ないプランになり、急遽、飛騨の温泉宿に泊まる事になったり…

そしてGWまで1週間を切ったある日のジョナサンで、今回もイキナリ「北の方へ行こう」と言う話になり、急いで温泉宿を探す3人(汗
全く過去の経験が生きてません…

↓「TeamC2御本尊」である「NEKO神さま」。旅の無事を祈ります(笑)
Gohonzin03

「TeamC2たらいまわしツアー」と勝手に銘打って、これで3回目。
GWの3日前になって、ようやく一部屋だけ宿を確保っ
確か前回も「最後の二部屋」を押さえた様な…

今回は渋滞を避ける為に、5時過ぎにNEKOさんと合流、その後5時半に専務とランデブー。
思惑通り、渋滞が始まる前に東北道に乗れ、順調な出だしとなりました。
後はひたすらNEKO NAVI様に付いて行くだけ~(笑

食べて呑んで温泉に入るのが常な3人と娘一人。
まずは福島で寄り道して、喜多方ラーメンを頂く事に。
↓手前の猪苗代湖でチト休憩。
C20390

ホントに良い天気で、助手席に「娘」が「日焼けする〜っ」と騒いでいた程(汗
それでも遠くには雪を被った山々が…
C20391

磐梯山をちゃんと見たのは初めて!
昔来た時は天気悪くて見えませんでした。
形の良い山ですよね〜
C20392

そして到着したは知る人ぞ知る喜多方ラーメンの名店「はせ川食堂」…は、知る人が多すぎて2時間近く待つハメに(爆
専務が調べてくれた店なんですが、喜多方ラーメン協会にも所属せずに、わが道を歩む店らしい…
そして、我々が到着してから30分も経たないウチに、その日の分は完売!
まだ12時過ぎたばかりなのに、危ない危ない…
C20393

仕方が無いので、毎度お馴染みNEKOチェアーで寛ぐ一行。
ここでは今が桜満開っ
思えばマンボウの伊豆では関東に先立って桜が見れ、その後は関東が満開。
その後の飛騨の温泉宿でも桜が見頃で、今回で4回目の満開(笑
今年は桜づいてるわ。
C20394

そしてありついた本場の喜多方ラーメン!
私と専務は普通のチャーシュー麺、NEKOさんは大盛りで(笑、娘は珍しい味噌味を堪能〜
C20395

その後、暫く山道を快適にドライブ…、してると、何故か専務が出遅れる事がしばしば…
聞けばセンソのエラーが頻繁に出るとの事。
乱暴な私が「一度バッテリー外して、リセットしちゃえ!」とボンネットを開けて見ると、マイナス側のターミナルがユルユル…!
どうやら電圧の不安定さでエラーが出ていた様で、締めなおして事なきを得ました。
走行中に完全に外れたらと思うと、ゾッします…(汗
C20396

その後は一路、温泉宿へ!
時間に余裕があったので下道メインで走ったら大失敗…!
渋滞に次ぐ渋滞で、宿に着いたのはトップリ日が暮れた頃。
着いた宿は非常に趣ある宿で、最後の一部屋でここしか予約出来なかった割には、大変満足!
まずは清流沿いの露天に入り、早速夕食。
お造りやらシャブシャブやら食べまくり、最後のおじやは食べきれず…
それでも部屋に戻ってからは呑みまくる一行(汗
でも夜中に露天に入る事は忘れず、夜は更けて行きました…
↓夕食で一番面白かったのが、くり抜いた大根とシャブシャブの出汁で作る豆腐…
C20402_2

翌朝、昨夜は暗くて良く見えなかった中庭から、小鳥のさえずりが。
やはりここでも桜が満開。
C20397

眠い目を擦って露天に入り、深い渓谷を長めながら徐々に目を覚ます3人。
娘は起きたらすでに温泉に行ってしまった様子(笑
和風バイキングを力一杯食べ、ロビーで珈琲を飲んで今日の予定を立てる一行。
事前には「仙台で牛タンとか、気仙沼で魚とか」と適当にしか決めて無かったので…

近くに蔵王があり、エメラルドグリーンの水を湛えた「お釜」があるので、まずはソレを目指そうと言う事に。
駐車場からは小川が見え、桜並木は桜吹雪を流し、麗らか天気に眠くなる…
C20398

と言う幸せな環境から小一時間。
蔵王に着くと環境が激変し、雪があり得ない高さでのし掛かってくる…
しかも「雪崩に注意」とか言ってましたが、どうやって注意しろと?
しかも蔵王のお釜は大人気なのか、2時間近い大渋滞!
C20399

着いたら着いたで気温は5〜6度。
もの凄い風の強さで、体感温度は氷点下。
顔はヒリヒリ、耳はジンジン、一歩一歩頑張って登ってみれば、そこにはエメラルドグリーンのお釜が…!
お釜が・・・・、おかま、、、アレ?
C20400

凍っている…(泣

渋滞に2時間かけて、季節はずれの猛寒に立ち向かった結果がコレかい…
氷を見に来たんじゃ無いやいっ!

てな事で、体を芯から冷やした一行は、意気消沈して下山(爆
まぁ、綺麗な雪景色を楽しんだと思えば…
C20401

蔵王で予定外に時間を消費した一行。
悩んだ挙げ句、気仙沼まで北上するのを諦め、松島の景色を見ながら魚を食おうと言う事に。
店を調べると、既に15時を回っているからか開いている店が無い…
やっと開いている店を見つけるも、このパターンはマンボウと同じ(爆
イルカを食べさせた専務の呪いか?!、とハラハラしながら店に到着(笑
着いてみると予想を裏切り(笑)、松島を一望出来る岬の上に立つ和風の店は、雰囲気も良く期待出来そう!
C20403_2

そして頂いたのが「鮎並の定食」と「細魚の定食」。
鮎並も細魚も一手間加えた創作料理で、刺身から焼きまで鮎並づくし!
↓コレは鮎並の照り焼き、旨くてご飯が来る前に食べちゃった…
C20404

食べ終わって出ると、もう夕暮れ間近…
前回の飛騨の時も、最後の最後まで食べ尽くして、深夜の帰京になった経験があるにもかかわらず、食い意地の張った一行は仙台へ…
そう、最初から言っていた「仙台の牛タン」を食すためダケに…

そして松島から1時間もしないウチに仙台到着(笑
駅前の有名店を選んだ割には、30分待っただけで店内へご案内〜
C20405

魚食べたばかりで腹が減っている訳も無い一行は、それでもキチンとご注文(爆
私と専務は塩焼きと味噌焼きのダブル定食、NEKOさんと娘は店の名物「芯たん定食」。
「芯たん」とは、牛タンの芯の柔らかい部分だけを厚切りで頂く贅沢品で、数量限定だそーで。
確かに厚い、、、と言うか、コレ、ステーキか?
C20406

しかし流石は本場仙台!
普通の牛タンでも厚い!!
C20407

そして満足なご一行(笑
22時近くなってやっと帰路に…
東北道乗って1時間もしないウチに、眠くてSAに頻繁に入る学習能力の無い3人(汗
完全に「飛騨〜名古屋行脚」の時ど同様の苦しみを味わっている…

何度か休憩するものの、渋滞も無く3時間弱で首都高へ。
流石に夜間の首都高は目が覚める(笑
途中で専務を別れ、東名まではNEKOさんと爆走(汗
2時半に帰宅し、前日の出発時から計っていた走行距離を見ると、想像通りの数値が刻まれておりました。
C20408

それでも元気な中年3人。
翌日(当日?)の夕方にまた集まって、道志を攻めたのはここだけの話…(爆

さて、次のツツーリングは何処行くんでしょうね…(汗
きっとまた直前に決まるんだわ。

« 無謀な証拠 | トップページ | ブレーキ、きっと! »

About Party」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様ー!
やー食った、飲んだ、走った(^_^)
おかげで体重計に乗るのが怖い(汗

>さて、次のツツーリングは何処行くんでしょうね…(汗
こればっかりは私にも。
さあ、いつ専務から招集がかかるか(笑

Mapiさん、こんばんは。

NEKO神さまのステッカーを作って
NEK○さんの車に貼っちゃいましょう。
(NEK○さん、いぢってごめんなさい)

それにしても、付き合いのいい「娘」さんですね。

NEKOさん、お疲れ様でしたっ!
毎回、最後にはへとへとになるんですケド、ミッチリと充実した旅程、とても楽しかったです!
最初は東、次は南、この間が北だったので、次回は西ですな(笑

C2Reportさん、NEKO神さまのステッカーは既に発注しておりますので、ご安心下さい!
NEKOさんのC2には、特大サイズをルーフ1面に貼る予定ですっ
ご期待下さい!!

>NEKOさんのC2には、特大サイズをルーフ1面に貼る予定ですっ
コラ、ダメだって(>_<)そんな予定はありません!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58702/9964265

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城の春:

« 無謀な証拠 | トップページ | ブレーキ、きっと! »